飲む日焼け止めならヘリオケア以外に何がある?

ヘリオケアと同成分配合で安いサプリメントがありました

日焼け止めは、塗り重ね、塗り直しなどとにかく手間。
それが嫌だという場合も少なくないと思います。それに、オイルがべたついたり、何か羽織る時にもちょっと不快感がつきまといます。

夏場は、汗でせっかくの日焼け止めが流れてしまっては、あまり意味もありません。

「もしも、そんな手間やベトベト感も無く、日焼け対策出来たら…」

そんな中で登場したのが、飲む日焼け止め。
中でも人気なのがヘリオケアですが、身体の中から紫外線をブロックしてくれる効果がすごいと話題になっています。

もう、”飲む日焼け止め=ヘリオケア”というイメージも強いのではないでしょうか。

ヘリオケアならウルトラがお買い得?

飲む日焼け止めをコストパフォーマンスを考えて選ぶなら、ヘリオケアのシリーズ内で成分量などを気にして選ぶという方法もあります。

やっぱり、人気商品ですから、まずは、それを試してみたいところですが、このシリーズの中で一番人気なのは、全て入っているウルトラDのようです。
これが、ヘリオケアの最上位タイプと言うことでしょうね。

「でも、”ウルトラD”と”ウルトラ”では、何が違うの?」

という事になりますが、これは、ビタミンDが含まれているかどうかの違いのようです。つまり、ウルトラDには、ビタミンDが含まれているという事です。

「その違いだけで千円も違うの?」

でも、それだけの違いで価格が千円も違うという事で、この成分をどれだけ必要とするかによって、どのヘリオケアを選べば良いのか変わってくる部分かもしれません。

ビタミンDは、紫外線を浴びると生成される成分で骨の健康にも必要という事なので、紫外線対策する事で不足してしまうんじゃないかという不安を解消する意味でも、ヘリオケアウルトラDの方が良いという事なんだと思います。

主成分”Fernblock”ってどんなもの?

「え?飲む日焼け止め?」
「飲めるの?身体に入れて大丈夫なの?」

初めて、このキーワードを知った時には、このような疑問をとっさに感じたという場合も少なくないと思います。私自身も日焼け止めクリームを飲むイメージを持ってしまいました。でも、実際には、医療レベルの安全性のある成分のようです。

ヘリオケアを開発したのは、医療品などの研究を手がけるグループなので、そうした人体への安全性も十分クリアしているというのは言うまでもありませんが、全世界50ヵ国の病院に提供されているそうです。

飲む日焼け止めサプリメントの主成分として、高い効果が期待されるFernblockという成分ですが、中央アメリカに生息するシダ植物から作られているそうです。

このシダ植物由来の成分を経口服用する事により、紫外線によって体内に発生したフリーラジカル(活性酸素)を破壊してくれる事で、シミやくすみ、シワの原因を防いでくれるそうです。

また、紫外線をたくさん浴びてしまうと、細胞は、その紫外線のダメージを減らすケアを優先してしまい、体内で発生しているフリーラジカルの防御まで、働けなくなってしまうそうです。

こういう事も原因でシミやシワが増えてしまうのを防いでくれるのはありがたいですね。

日焼け止めという名前から、シミ以外には効き目が無いのかなぁと思いがちですが、実際には、アンチエイジング用のサプリメントというイメージが少なくありませんね。

飲むタイミングは?

これらのサプリメントを飲むタイミングは、いつになるのでしょうか。

確認してみると、ヘリオケアウルトラDは、外出の30分前に1粒。
更に、長時間日差しを浴びたり、日差しが強いなぁと思ったら更に1粒飲むと良いそうです。

量を調整しながら飲みたいなら

一日の使用量で比べても、ヘリオケアは多くて2粒。

1粒の配合量が半分で1ボトルの内容量が2倍なので、結局、主成分の総量に違いはありません。この辺も含めて、価格と配合量のバランスで比較すれば、自分に適した飲む日焼け止めサプリメントが見つかるのではないでしょうか。

ヘリオケアは通販じゃないと入手が面倒!?

ヘリオケアという飲む日焼け止めが、最近日本でも人気と聞きます。

確かに、日本でもノーブやピュアホワイトなどの飲む日焼け止めが製造されていますが、肌に直接塗布する日焼け止めに比べると、数はかなり限られますから、10年以上前から販売されていて長い歴史を誇るヘリオケアが人気なのも、頷けます。

しかし、ヘリオケアの入手は、ちょっと面倒みたいです。

なぜなら、ヘリオケアは日本ではなく、スペインで製造されているものだからです。それでも一応、日本でも一部は認可されているそうなのですが、今のところは医師の処方ではないと販売は認められていないみたいです。

日焼け止めでわざわざ皮膚科ですか。日焼けも将来的には皮膚病に関わってくるものではありますが、やはり病院に行ってまでどうこうしようとはちょっと思えません。

そのため、通販、もっと言えば個人輸入に頼っている人が多いそうです。しかし、全て自己責任ということになるので、ちゃんと大手の個人輸入代行サイトを使うべきとのことでした。

こんなに入手するまでが面倒なのに、ヘリオケアは日本製の飲む日焼け止めを差し置いて人気なんですね。

でも、個人輸入はちょっと面倒なイメージもあります。
そこで、色々調べてみたところ、ヘリオケアより成分が強い飲む日焼け止めがある事がわかりました。それは、パーフェクトUVケアプドリンクというものです。

こちらも海外からの取り寄せですが、日本語対応のサイトで普通に購入する事ができるようです。