肌が弱い人には飲む日焼け止めがオススメ!

肌に塗らなくて良いから敏感肌でも大丈夫

日光や、そこに含まれる紫外線から、肌を守るために塗るのが日焼け止めですが、成分が肌に合わなかったり、合っていても長期間使い続けたりすると、逆に肌への負担となってしまうそうです。

実際、日焼け止めを夏の間中ずっと使い続けたせいで、肌がカサカサになったり荒れてしまったりしたという声も、一定数あるのだとか。

私も、生まれつきの敏感肌なので、あまり連日日焼け止めを使いたくはありません。そこで良いのが、飲む日焼け止めだそうです。

日焼け止めは、肌に塗るものだと思っていたので、飲むタイプのものもあるなんて、意外でした。では、どのようなシステムで、飲む日焼け止めというのは肌を守ってくれるのでしょうか?

調べたところ、日光や紫外線によって皮膚内に生じることで、皮膚細胞を傷つけてシワやシミ等の原因を作る活性酵素を、飲む日焼け止めは事後的に破壊してくれるのだと分かりました。しかし、それだけすごい効果があるとなると、副作用の方は大丈夫なのでしょうか?

個人的にはその点も心配だったのですが、基本的には大丈夫とのことでした。なぜなら、飲む日焼け止めのメイン成分はフェーンブロックやニュートロックスサンといって植物成分だからです。そのため、それらの成分にアレルギーを持っていないなら、心配無いそうです。